銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏夢  

そよ風心地よくて
ビールが進む 風鈴は音のない
世界作ってる やわらかいせかい

夏の始まりを感じ始めて
タチアオイのいつの間にかの勢力に

わらってしまったけれど
そんなにうれしいかい?って
タチアオイの妖精はもっとわらってた

夜のあいだに 明日を確かめよう
明日が来るから こんなに

ビールも美味しいし


そよ風ここちよくて
夜風のワルツそんな すこしきめた
単語が詩にまじる それは

ぼくのきもち そのまま流れ込む
夏の夢


関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1460-e7bd57d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top