銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏の魔法はまだ使えない  

夏が言ったとしてもわかる
朝のそよ風がそうだった 
季節はいつも見ないふり
そらしたって薄皮一枚その奥で
流れているのは事実
明るくなって暗くなって一日の間にそれが
全てわかるというのなら
もう、ビールを飲んでしまおう

こんなになっても 夏の魔法は使えないから
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1457-942ac887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top