銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

せかいはぼくたちをうつすかがみだから

まんまるな 月が 光る空
黄昏薄暮れ青い闇
ぼくらにあいさつしてくのか
春を脱いだ 季節の風

静けさに 香る 雨沁み時
揺れ動いているのが分かる
ときとはこんなにふたしかなものなのか
はるを脱ぎ捨て 夏へいそご

なつにいそいで 煙に惑う


鼻につく 蚊取り線香 打ちあがる花火
浴衣の僕ら うちわ扇いで そら仰いで
ずっと不変が続くと信じていた時代の比率は減り続け
大人になってからが長くなってゆく
かたちばかりといわれながらも年月は気遣いなく過ぎゆき
呆けてばかりもいられないから
せかいはぼくたちをうつすかがみだから
きっといまをたいせつにするということだけが


いまをたいせつに することが
せかいのなかでの しょせいじゅつ
たかが とわいわず そのときまでちんもくをまもり いこう
こころのおく まだ ひかるものが あるなら


関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1452-ea5bc27b

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1257位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

85位
Access Ranking>>