トップ  >  気侭日記  >  腐食とは知らずにそれは白昼堂々と語られる

腐食とは知らずにそれは白昼堂々と語られる

2016年05月18日

自己満足帝国ならどこでも作れる
好きな人同士でやったらいいし きっとそこにめざすものもあるんだろ
同じ色通しを並べて居心地良く
それがすてきな世界なら 腐食とは知らずにそれは堂々と語られる
なにが間違っているか気付けない大きな壁ばかり、作って
結局根拠などない寵愛歩合で成り上がっていくのなら

根拠失ってるんならもうどうでもいい
すきな人同士の帝国作ってぐだぐだとやっていけばいい
大エゴ小エゴまきこんで 祝杯でもあげてればいいさ


何が大事なのかその答えがそれならば
それはただのエゴ蔓延する腐った帝国でしかない

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク