トップ  >  初夏2016  >  銀河鉄道2016

銀河鉄道2016

2016年05月14日

初夏、西日、障子と窓の二重構造。半履き靴下に腕まくり、やっぱり初夏。
そよ風、勝る湿度18時前後まだまだ明るく間違ってたらしてしまったくらいの朱色、一滴。
車の音、鳥の音、人の声。

すべてが夏の象徴 ねじまき鳥に巻き切られて、そして今動き出した。
空間がなつめき、ほしぞらが三角に整い、天気輪の柱を目印に銀河鉄道が汽笛鳴らして



目を閉じる。夏はいつだって幻想性の季節で、そこに起こる季節は幻想的事実だから。

そんな夏に居たくて、タイミング合わせて今年もそっと飛び乗る。2016銀河鉄道。

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク