トップ  >  初夏2016  >  五月風と5感(もしくは第6感)

五月風と5感(もしくは第6感)

2016年05月01日

五月の風そのまま やっぱり染み込んでる
質感は手触りや食感?喉の奥までも続いてく

風がいいのはいくら吸い込んだって満腹にはならないし
その上太りもしないゆっくり味わったあとは体全体で味わえる
インドの人たち 手で食べたり日本人もところどころ
手は、味に関係あるらしい


そら、大空両手広げて体で吸い込め大きな青空
湿っぽくて清々しい いい味出してるゾ



しょかしょかいいながらいいきなもんだぼくは


おいしいおいしい、地の果てまで食べられる

もくもくそら、もぐもぐ ぼく いいてんき いいきなもんだ

五月の風そのまま やっぱり染み込んでいる
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク