銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

口から春虫

吐き捨てたいけど届け先の見つからない
心の固まりはどうしたらいいんだろう
両手水平伸ばしても保てない平衡感覚と
遠くでいつか交差してたから
ことばの強さや意味があったから
誰かひとりでもいいから

そんな風につむぎだすこと どうか精一杯
エゴを断ち切って考えた末 脳の茹った末
生まれた何かは巣立ちをしらない
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1437-e6920ffe

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1257位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

85位
Access Ranking>>