銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

口から春虫  

吐き捨てたいけど届け先の見つからない
心の固まりはどうしたらいいんだろう
両手水平伸ばしても保てない平衡感覚と
遠くでいつか交差してたから
ことばの強さや意味があったから
誰かひとりでもいいから

そんな風につむぎだすこと どうか精一杯
エゴを断ち切って考えた末 脳の茹った末
生まれた何かは巣立ちをしらない
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1437-e6920ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top