トップ  >  地球の日々  >  明暗対極

明暗対極

2016年02月28日

言葉につまる冬の道辿って
光る内にほのかあたたかいうちにと 歩いた
あの道をもう一度歩いてみたい
どこあるのかもう思い出せないけれど

あつく 輝いた あの夏の日に
走り出す汗散らして いた

いつまでもつづく冬の道辿って
暗闇の中やみくもあかりをさがしてた
でももう二度と見つからないみたい
求めるものを見失っているから

走りきった丘の上 立ち昇る巨大入道雲
見上げるように飲んだサイダー コンビニでうっている
扉はもうここにはない


いつまでもつづく季節辿って
ぼくらはいきつくところまで歩いていくしかない
この先の路地 明かりひとつ見当たらないけれど
それでも一抹の希望は未明の未来
つかみとる今度こそは明確な詳細な目的地がある
絶対な闇があるのなら絶対な明かりがある
そう信じていくしかない
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク