いつだって 冬のあとには
穏やかな春がやってきて
風変わる 景色の絵の具 また一重

あっという間に世界は桃色
風にちって 緑が芽吹き
僕ら一生懸命走り続けないと
季節が先走ってしまう

穏やかな海原目の前にして世界に言いたいこと
追いつきペースを保ち併走し

それがただただ生きるってことなら
ゴールは決まっていないと考えよう
走ったら走った分だけ

いつだって 冬のあとには
穏やかな春がやってきてそのほのかに振り向いてしまう
立ち止まってしまう頷いてしまう
走り出してしまう
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1428-041fb477