はるる匂いの方に向いて
花向けの言葉を贈ろう

だいじょうぶ ぼくとおなじように

はるる嗅ぎ分けられるから
雪かき分けてきた風かき分けてそのさき

だいじょうぶ すっとはなを からだのせんたんにするのさ
そしたら目を閉じるだけ

はるる るるる
口が勝手に歌いだすはず


はるる るるる
口ずさんで
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1422-c042a792