銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

ゆうき

ゆうきをはじめててにしたとき
いたいくらいできもちひとつ
いくらでもころげおちたのににぎりしめたのは
いたみをかんじないますいがあったせい
こじつけのますい

あんなにゆめだったゆめはふとんのなか
めのさめないゆめのなか
あるこうとおもえばあるけたのさ

ゆうきをはじめててにしたとき
てにとどめておこうとすれば
にぎったてからちがしたたりおちたけれど
ねらったまとにそれをちからづよくなげたら
命中! 相手はノックダウン!

そのあとまたゆうきをとりもどそうと
そのゆうきのたまをもういちどてにとったけれど
もうそのいたみはきえさり 
ただのボールになったぼくのゆうきは
どこへきえてしまったのだろうとふあんになった
しかたなくあるきだしたかえりみち
かわべでそのいみのなくなったボールをなげすてたのだけれども
それはどこまでもどこまでもとおくとんで
ぼくにちからがついたことと まえよりすこしみがるになったこと
いつもよりすこしゆうひがきれいで はやくあしたがこないかなとおもったこと


ゆうきをはじめててにしたとき
そしていまひとつあらたなゆうきのボールが掌に痛みを伝える
ぼくはそれをしっかりと、負けまいと握り返す
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1399-21a53c2c

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1633位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

127位
Access Ranking>>