銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

濡れて散る魔法  

いろいろないろ
支配しつつあるロード
朝露にぬれびたる葉は
魔法の抜けた秋

そんな 朝にさえ
真実を見せつける秋に
ぼくは何を信じたらいい?

ますますさむくなる
秋は幻
見せかけの季節
一枚めくれば真っ白の真実
待っている
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1396-e872d849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top