2015.09.11 絶対支配
木枯らし秋の道を見つけた
少し先取りの感覚はもう澄み切っている
"気持ちとは裏腹に" そう思っていたものも
なれるとわからなくなるから仕方なくて

唾をつけた指の腹を冷やしていく
方向突き進めば冬だから 逆を歩こう、なんて
いまではギャグだけれど 真剣に考えていた時期もあった
世界が支配されようと 気持ちは支配されまいと
抗えることなど出来るはずないのに

あるくたびつめたくなるつま先に凝る
地べたに染み付いた何億年もの冬が、冬が
そうやって手を伸ばし 心臓あたりまでゆっくりと這う

逃げ切ることなんてできない

それが冬、だから
それが命、だから
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1391-80350f69