銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

青い窓  

雨の夜に青い窓
考えてしまったいくつかの迷路は
ぼくの指ではほどけなくて
そのまま夢の中にまで溶け込んでゆく

きりないね
そんあこといいながらゆめのなかのぼくは
いちばんたのしそうなゴールを探すよ
その先を目指して

ちたちたる あめのおとと 夜
通り越した事があるいくつかの真実は
時とともに現実味という箔がはげ落ちて
そんな元通りのストーリーにいつまでも続く

憂鬱が雨で

ぼくはだめで

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1389-9957c1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top