トップ  >  夜長の秋  >  トンボのメガネ

トンボのメガネ

2015年09月07日

茜色の空はアキアカネの領地
見上げる僕らは虫にも敵わないみたいで
もちろん太陽にも敵わないから
地に落ちて 勢力の弱まったそれを
やっと見る事ができるくらいの
ちっぽけさが際立つ季節さ

一生懸命やった一生はどれくらい?
長さはかればたかが知れてる
言葉を探るな心を探れ
やりたい事 思い起こして一番笑顔になるそれを
真正面から見るんだ


夕陽の落ちて 黄昏る暇もなく過ぎる
時のスピードを掴み取ってやりたい

やりたい事 思い起こして一番笑顔になるそれを
いまはじめればいい そんな地点に立つと
虹色メガネかしてくれ、もう少しトンボ よく見えるさ
よく見える いままで見えなかった事は
みないふりしていたことだったって
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク