トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  乾燥 

乾燥 

2015年09月06日

枯葉が一枚あしもとにおちて
蹴ると風が起きてたちまちたつまいた
「忘れているなら教えてあげる」
ほらほら 食わず嫌いな秋が嫌気をだして
自分から近づいてきたよ!
そんなふうにぼくの手にはいつの間にか数枚の枯葉
カシャカシャ笑いながら手をくすぐるから
やめてくれと体をよじると舞い上がった枯れ葉になく

なんだかしらないけどなく
だってこれが本当の何も考えないじゅんすいな綺麗で
ぼくの体の知らないところから雫が伝った
そしてその雫の落下地点からきらきらと暖色系の芽が伸びて
一瞬に立派な木々に成長し包まれて

とまあ、話すとキリがなくなる。

芸術的僕の妄想力は今年もこの秋に開花し、それでも夏を忘れられず
曖昧に曖昧を極め、優柔不断に優柔不断を極め

まだらな紅葉たちと一緒に僕も、そんな気分。

カシャカシャと相変わらず騒がしくなんかいってる、枯れ葉カレハ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク