銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

心に虫がなく  

心に虫がなく
涼しい夜風連れてサ
どこからきたの
きかなくてもわかるけれど
不思議がふつうに
なってしまったとき

おおきなこえをだして
さけんでみよう
星に

星に届くから



心に虫がなく
寂しい暗闇つれてサ
いつからいるの

わすれるくらいとおくとおく



ぼくら
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1383-0388cd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top