トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  後ハ惰性

後ハ惰性

2015年07月27日

ビール祭りの残り香が沁みて
余韻なんてものではないけれど(ぼくは終わった途端から来年を夢見ているのだから)
ただ、走馬燈とはこういうことなのだと
事実を確認するだけの後日にいて
本当にそこが最高であり絶頂でありピークだったから
半ば放心状態に貪って後の夏は後の祭り
そんなこと思っているけれど


夜風が網戸に濾されて侵入してくる
そして小さな虫たちが鳴いて、車の音が余韻を残す
汗をかきすぎた僕たちが半ばあきらめるように
キンキンだったビールジョッキは泡もなく夏に打ちのめされ
そんなビールを見つめてはまた走馬燈がふ抜けて頭上を過ぎる

新しいゲームをダウンロードして
強引に貪るぼくの夏の後半は広範にのさばり
光陰のつっぱしった残り香も嗅げずに
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク