トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  ナニサマ

ナニサマ

2015年07月21日

風呂にはいると
裏手の窓に虫が一匹いた
手の小指の爪先ほどの虫、蟻のような
動かずにいるので眠っていたのだろうか
ただ熱く大きなサウナ


ぼくはふとおもう
これがカブトムシならどうだったかろうかと
裏手の窓に埃(それも湿ってぐちぐちた)があるからといって
果たして見過ごしただろうか

一寸の蚤にも五分の魂

と、諺がある。

けれどぼくらはけっして
命を平等になど見ていないのだ

カブトムシやクワガタ
人間がつけた勝手な価値のおかげで
もしくはみための差で運命は別れ(本虫たちからすればなにをかってなことだろうけど)

それでも運が悪ければこどものあそび道具となって
短命をむかえる


適当に適当を重ねたのが人間だから
そんなかんじにぼくらいつまでも
自分にやさしく、まわりにきびしく
でもかえることができなくて、できなくて

そして今夜もジムをさぼってビールを飲むのだ
あの虫はまだ、蒸し風呂のなかだというのに
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク