トップ  >  心の整理の為の  >  星の願いが空にとどくとき

星の願いが空にとどくとき

2015年06月26日

頼りない事の甚だしい核を持って生れて
いつまでは果たして己の運命を恨んでいていいのだろう
結局見失おうとも探しだそうとも自分次第であるのに
言葉はいつまでも気持ちを言い表す事が出来ない

ひとつの明確が目的であった時
そのすがすがしい達成感ときたらないのに
関わる中で副次的な何かに囚われ見失う
当たり前の人間のぶっ壊れている機能を修正するには
ただただ”認める”しかなくて

社会という世界の旨く行っている見本を考えると
それはなんといっても一人一人の個性と意見の尊重なのだ
それをなしに機能的に歯車の回る物など存在しない

だれかを尊敬するという事は同時に
だれであっても尊敬する可能性の力があるということ
そしてそれは見失いがちな危い能力だということ


そんなぼくらの野望がいつまでも高い望みであるのには
自由という一つの道しかないのだ

だれだってひとつ 考え抜いたから今自分という個性がある
陰に立ってただただ みまもってほしいこともあるのだ
そしたらそのあいだに 歯車を磨きに磨いて円滑にする
誰もが

頼りない事の甚だしい核を持って生れて
死ぬのが運命だとしても 静かに円の内側におさまる
最大限に想いが伝わって 形になる時の美しさをしることは
ただただ ただただ…

空に静かに星が光るのはそういう事
自己主張する星を夜は静かにみまもるのだ
ただただ 星が主張しやすい様に暗闇を作って

そこから連なる星座の奇跡を
わすれたなら、夜空見上げてほしい
ぼくらひとりひとりが どうすれば一番輝くかを
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク