銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

雨音  

雨も降ってさ 一巡した湿りに安心した
かえるのように静かに鳴く
とても湿った日和

雲の上は晴れてる ロケットがあるなら
それだけのはなしさ
結局僕ら 手の届かない事にかわりはないのだから
そうだろ

でもこの無数の降る雨音のひとつひとつ
聴き定めるくらいに集中して目を閉じると
雨を抜けて 曇り空を抜けて

雨も降ってさ 一巡した湿りに安心する
かえるのように静かに鳴いて
とても偏った 夏の前に 白けた 日和
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1347-1948bad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top