トップ  >  初夏に浮かされ  >  夏の陰あたりに当たり前にあった現実と幻想のあやふやな境界線はもうない

夏の陰あたりに当たり前にあった現実と幻想のあやふやな境界線はもうない

2015年06月18日

あの盛夏の華夜
水面に儚く咲いた鏡火
消えた後にも余韻が網膜に焼きついて
そこにいたこと、おわったこと

走るだけ走り抜いた
滴る汗の留まりない事に笑う
水飛沫があがりきらきらと華やいだ
あれは幻か、夢か

万華鏡をのぞきこんだ
その奥にしか、もう垣間見る事さえ許されない
全てが幻想的なフィクションの中で
培った妖しい感覚は今も
覚えているのに、今さら蘇る事はない

大事なものを遠くに
"おいてけぼり"にしたぼくたちはみな
不完全だからこうして卑しく過去を懐古しては立ち止まれない
生まれながらの罪というもが存在するなら
そうして遊んでいる神様が居るとしか思えないのだ


関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク