トップ  >  雨の根と梅雨  >  心のビートは雨の

心のビートは雨の

2015年06月12日

あめちたる6月の休日
網戸に濾された格別の
つゆの匂い嗅いで
何十回も確かめた季節
四季にはぐれた梅雨はこうして
ただ居心地良く存在を伝えるのだ

たかくひびく夏鳥の、声は
僕らを閉じ込めた遠いとおい季節を
眠らせて いちねん いちねんと

見上げると蕗の葉があって
雨が落ちるたびに響く轟音にびくびくしながら
その蕗林を掻い潜ってゆく

あめちたる露の儚い幻想に
ひとり精一杯の空想遊ばせては
先待つ夏の真実に心臓のドラムはビートを上げる

静かに、ただ静かに 雨音のように。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク