銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏の絵描き

夏の絵描きが
初夏の狭間にそっと忍びこんで
ちいさな3つのビー玉を詰めると
ホトトギスの合図に
そっとすこし 蛙たちの声が律を揃え
夏呼びの儀式を始めるのだ

夏の絵描きは
その風景を目にして、穏やかに青い
吸い込む瞳をひと瞬きすると
遊ぶように好きな絵の具を一色選ぶと
筆につけて空間を色づける

湿気りを利用して
うまくぼやかす事の出来た輪郭に
浅く顎を数回沈めてパレットを片づける
絵筆は雨露の大きめなものに
その繊細な筆先を近づけては沁みこませ
パレットに残った絵具は
小川に沈めると色とりどりの金魚になって泳ぐ

夏の絵描きの訪れは
そのようだから 朝起きた時
一際光を跳ね返す風景に知ることができる

そしてそれが
夏がやってきたという紛れもない証拠なのだ
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1342-d592341c

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>