トップ  >  風待ちの初夏  >  夏の絵描き

夏の絵描き

2015年06月12日

夏の絵描きが
初夏の狭間にそっと忍びこんで
ちいさな3つのビー玉を詰めると
ホトトギスの合図に
そっとすこし 蛙たちの声が律を揃え
夏呼びの儀式を始めるのだ

夏の絵描きは
その風景を目にして、穏やかに青い
吸い込む瞳をひと瞬きすると
遊ぶように好きな絵の具を一色選ぶと
筆につけて空間を色づける

湿気りを利用して
うまくぼやかす事の出来た輪郭に
浅く顎を数回沈めてパレットを片づける
絵筆は雨露の大きめなものに
その繊細な筆先を近づけては沁みこませ
パレットに残った絵具は
小川に沈めると色とりどりの金魚になって泳ぐ

夏の絵描きの訪れは
そのようだから 朝起きた時
一際光を跳ね返す風景に知ることができる

そしてそれが
夏がやってきたという紛れもない証拠なのだ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク