銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

先の祭り  

力の限り夢の限り
宇宙を見上げていた青く美しく
夏の夜の光の祭りに
だんだんと歩幅は広くなる
いつか見た夢まただんだんと
べネルにあいさつしよう
ひさしぶりだねとまたあったねと
まだ先の祭りだ夏の輝き
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1340-c2e720dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top