銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏迎え  

煙る夕陽の5月暮れ
汗ばむ手の打ち付ける歌
鼻をかすめた草花の息
僕をおいでと言っているようで
どうかと傾く黄昏入道
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1336-0d43ad66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top