銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

私道32号線  

こんな季節のいい夕方の訪れは
気紛れに侵入する風が何処かにあたるたび
鼻で軽い深呼吸をする
近くを走る車の音もゆっくりと消えいって
秒針の感覚が長くて
こんな時間の中でとても大切な事があった
そんなありえないデジャブさえ
思い浮かんで

なんとなくだけれど
あしたがすてきになるようなきがして
なんとなくだけれど
このままいきていくことでしあわせがおとずれるようなきがして

こんな季節のいい夕方の訪れは
西日の当った瞬間 向こうの家がオレンジ色になる
目を紡ぎだした新緑の一歩手前も染まって
染まって…

何回目かの5月迎える僕の
的に向かって一直線に…その上速度を上げて
無情につききるかのような矢を。

なんとなくだけれど
こんな何でもない静かな時間がいとしくて
そしていつかは沈みきる太陽が眩しくて
いままでぼくはどこにいたんだろう?

すっかり居場所を見失った僕に、背中を押してくれた夕陽
そっと後ろ向いて、感触確かめた
私道32号線

夕陽
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1325-5e62f70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top