トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  たいようとつきとぼく

たいようとつきとぼく

2015年04月17日

夢のない夜は月を見たい
せめて月を見たい
月の不思議は世界の不思議
自分の不思議で生きていく事の不思議
あのまん丸い形の中に
生命のない事を考えてしまうと
生命の不思議さに押しつぶされて
今精一杯の不安を消し去ってくれるから

からっぽの朝は太陽を見たい
せめて太陽を見たい
太陽の不思議は生命の不思議
自分でわからないところで熾る気力の不思議
あのまん丸い形の中に
生命のない事を考えてしまうと
動機のない今何か始めなくちゃ
駆られる焦燥感に
今一度今という時間に情熱が滾るから

N695_klumototaiyounohizasi500.jpg

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク