銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

透明Ⅱ

春の雨にうたれた
全身ピンクだ ついでに桜のマーチ
少し霞んだ青空見上げて行進したら
あとをだれかがついてきたけど気にしない
新しい空 新しい風、ついでにぼくも
新しい服着込んでくすぐる春に飛び出す

春の雨にうたれた
そろそろ生命の大合唱がはじまる
つくしやおおいぬのふぐりならとっくにみたし
気持ちはもうすぐ夏をつかもうとしてる


切なくないといったら嘘になるし
まだまだ自分も他人もわからないはる
はるかなるはるにただいて

きのうのこととかあしたのこととか
花びらが消し去ってくれると信じて
なんだかんだとまずじぶんをしらなきゃと
その霞の奥の夏の海を瞳に写して
もうすこしと手を伸ばす
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1317-6ed38039

 | HOME | 

■ CM

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ブロとも申請フォーム

■ 訪問者の数

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ ブログ村

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1274位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

80位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前