銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

透明Ⅱ

春の雨にうたれた
全身ピンクだ ついでに桜のマーチ
少し霞んだ青空見上げて行進したら
あとをだれかがついてきたけど気にしない
新しい空 新しい風、ついでにぼくも
新しい服着込んでくすぐる春に飛び出す

春の雨にうたれた
そろそろ生命の大合唱がはじまる
つくしやおおいぬのふぐりならとっくにみたし
気持ちはもうすぐ夏をつかもうとしてる


切なくないといったら嘘になるし
まだまだ自分も他人もわからないはる
はるかなるはるにただいて

きのうのこととかあしたのこととか
花びらが消し去ってくれると信じて
なんだかんだとまずじぶんをしらなきゃと
その霞の奥の夏の海を瞳に写して
もうすこしと手を伸ばす
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1317-6ed38039

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>