銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

うたうなら、こんな日に

何処かで誰かが振り向いて
待っているだなんて思うな
いつかは素敵に
うたをうたえばいい

何時までたってもくだらない
気持ちの奥底に
世界から自分まで一律に
卑下しているのはぼく

何も知らない世界なんてなくて
何処かで誰かと繋がっている
それを束縛と捉えるか腐れ縁ととらえるかの
違いだと思って

いつかはそこはかとなく素敵に
うたをうたえばいい
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1316-d14d21e1

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1257位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

85位
Access Ranking>>