銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

華やかな混沌  

もう少しで春風が吹くのならと
いいながら被れない麦わら帽を弄んで
あっちのほうかな…
かぜのとおりみち探していた、午後

穏やかな日差しと部屋のぬくもり
静かな青空に 褪せないポスター 『NGC 3372』
そびえる雲の柱 日影

口でそういうなら簡単といったきみは
ただ口笛を吹くだけで ステンドバイミー ステンドバイミー

そんな休日の詩


PAK85_jinseimagarimichi20140102500.jpg
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1301-4abb5bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top