2015.02.04 ウツッタ、
力のない午後に忘れた
美しかった夏に憧れて
汗も日射しも景色もみんな…
駆け抜けたかった世界は
もうずいぶんと遠くで
もう日の沈んだいまに
どうしようもない、懐かしい夜の香り

目をつぶるのは せめても
抵抗したい何かがあるから
わからないけれど、そしてだれも
思い出せない蝉時雨や時雨の水溜まり

PAK86_amekiiroisen1299500.jpg



時雨の水溜まりに映ったもの
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1299-15368e2c