銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

静かな風など感じない
年の瀬に座って見渡した一年分の滲み
なにも確かな言葉にならないということは
たぶん確かなものを求めなかったせいで
いつかなにかになろうと漠然な思想は
もう、ぼく自身なのかもしれない

安定は目に見えるほど頑丈ではない
隣の庭をなんども確かめるように自覚する
でもやっぱり 少し 惹かれて
そんなものが気高い上昇志向

妬みすれすれの世界でもがく
でもそれを求めるために流す汗は美しく
時に周りの心さえ掻き立てる
そんな

そんな世界とは
不条理を一周回って現れた
先の見えない不安定さに転ぶ

どんなにきたなくたって
ふと気づくとこころから笑っているのだ
だから
関連記事
コメント

こちらこそです。

コメントありがとうございました。そしてまた返事が遅れてしまってすみません。
やっぱりコメントしていただいたその詩もちょっと乗っていたときのしです。

①あ、そろそろ詩がかきたい↓
②パソコンの前に座りとりあえず記事制作ページをひらく↓
③今年も終わるどなんだか境地はいつもとかわらないなぁ…はぁ。カチカチ(キーを打つ音)
④ああ切なくなるからもう指が勝手に打つ文字を打ちたいだけ打たせてやろう
⑤ふう、かききった。

そして読み返して、(ああ、なんか自分的にも文字の流れきもちいいなぁ)


とまあ、深い意味のないこれも頭を使わず手だけで書いた詩なのです。


碧井さんのコメントでぼくもいつも幸せな気持ちになっていました。

こちらこそ来年もよろしくお願いします。


ではよいお年を(^^)

鹿田草太 #- | URL
2014/12/28 17:54 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/12/27 09:26 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1280-fd01f0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top