とても素敵なふゆは
北風からの伝言ではじまり
昨日のことに悩んだぼくの
一生なおらないような混乱も
一夜でさらっていってしまう

ぼくべつに
そんなはずかしそうに言うわけですが
ぼくべつに
冬のすべてが嫌いな訳ではないから
ぼくが星をすきになったとき
それはあの眩しいくらいの星が
すきとおる空に散らばった真冬の奇跡

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1277-87b7943e