このすこしつめたい空気の張り詰め方は
ぼくののうの詩細胞にとって居心地の良いようで
つぎからつぎへとあふれる詩情に
凍えたぎこちない指の追いつかないもどかしさ

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1274-2a59cc2e