銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

飛び散るほどの光  

日々の中にある
あの温かく強い光のかたまり
握った手からあまり散光

クリスマスよりもなによりも
また、みつかるのか彩雲のように
気まぐれな
あの温かく強い光のかたまり


めのまえにきたら両手でキャッチして
ポケットに入れてホッカイロにする
そしたらぼくの冬が輝く
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1269-2aeffe96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top