なんどもなんども背伸びした
何も何もやっていない休日の
午後の始まり頃

なんどもなんども背伸びした
そのたび何かが脳天から飛び出していく
「う~~ん」”ひょろろ~”
「う~~ん」”ひょろろ~”
何が抜け出したかはわからない
わからないくらいなら大切なものじゃない
けれどその記憶すら抜き取られていたら?


けれどもまた何度も背伸びする
何も何もやっていない休日の
眠りすぎてまだ眠い午後の始まりの頃

「大切なものの幽体離脱!」
一人で言って笑って最後に鳴いた
恰好もつかない
閑古鳥とは郭公のこと。
「カッコウ」の鳴き声が物哀しく聞こえるからだって!


カッコウカッコウ!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1265-02e53409