FC2ブログ
形にならないはずの世界が咲いた
賛辞の如雨露で降らせた雨はとてもあまくて
おしゃれだねっていったけどだじゃれだよ
ぼくらまたぼくらと呪文のように
それはもうアイディンティになりつつあるが
正体はわからない このあいだのがした

けれどわらえるこれほど大砲のようにうちはなった賛歌
ぼくらぼくらね、ぼくら
そうさよった勢いでいってしまうけれど
やっぱりぼくらのきみは夏の影
関連記事

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL