銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

スターライト  

いつか世界が変わったときのため
そう思い残して死んだ
そんなのは物語にならない
ぼくがぼくであるりゆうはぼくだけで
だれかがだれかのためにだれかを
もしくはだれかじしんを
そんな塵にさえならないことはやめてくれ

ただただねがうことは
だれかの眼を通した世界は素敵
その表現に一生を費やす覚悟に賛辞をおくる
かけた世界は戻らない
どうあがこうと戻らない
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1242-13339ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top