あぶなくおちそうなゆめ
ほんとうはその境目がわからなくて
いしきのあるままねむりにつくとき

かなしばりをとおりこして
めいせきむにおちいって
いったいじぶんはなにがしたいのかと
けっきょくこわくて無駄に空を飛んだような

そんな日々のかけら
どうあつめたところでまた
今日くらいのすこしあつい秋の日に
解けて染みるぼくの生きた跡は
ほらもう 夜にさえ

月の光くらいだ ほのかでも 浮き立つ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1232-35d07715