銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

まどろむ  

ぼくはいまとある日帰り温泉
日々の垢を落としきるためやって来た
久しぶりに蝉が鳴いている
いや、たぶんぼくが久しぶりにセミの声に
聞き耳をたてている
ねとりとしたお湯をかぶり
おばぁおじぃの会話が全部聞き取れるくらい
そんな静かな大広間
横になってる

足元涼しい風がくすぐって
もうそろそろぼーんと懐かしい時計が再び
ああなんて時間がゆっくりなんだ
時間までとろみがついている
涼しい風
湯上がりに心地いい

この夏もありだな
そんなこと思って厚い本の続き
休日
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1224-064478ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top