ああ片手の指、それくらいだ
蛙鳴蝉噪ぼくはそこにいなかった
とおりずぎた
いつもなら感覚くらいはせめて残るのに
「なにもしてあげられないね」
そうして心にもないことばを夏はぼくに放つ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1217-edefd6f8