トップ  >  銀河の夏Ⅳ  >  接点

接点

2014年08月20日

どんな素敵なことが起こるのだろうと
夏に期待した僕に届いたプレゼントは
高い空からなく鷹の声
ぴーひょろろ

セミの鳴いている世界にいて
静を悟る不思議はただ
迷いたくて無意識に踏み込んだ幻の世界
夕日がある その陰になっているぼく…ぼくら
何がしたい?
夏に何がしたい?

たかくを飛んだり 地平に近づいたり
その度鷹の声は大きくなったり小さくなったり
相変わらず汗ばむ
あごの下やこうしてパソコンを打っている腕の机との接点やら

ああ重なるのなら
僕はいったいどこで夏と
重なることができるのだろうか
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク