銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

蝉時雨て  

夏のくるくる 蝉時雨
あっという間に日は暮れて
縁側蚊取りにくゆる豚の息

夏という域の中で
小さな命は一億の脈動を打つ
もしかしたらそれが
あの天の川を燃やす稼働力

静かに流れる風は
今日だけ
また祭りになって静けて
また祭りになって静けて
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1214-cfb63089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top