銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

なつのじゅいゆに

ぼくらなんだろ、「夏の自由に」
解放されてとりあえずまた
入道雲みあ、見上げたら
笑い止まらなくて
はい、あいでぃんてぃてぃなんて
この際
夏の前には無力 僕は僕であり僕だから(ぼくでもある)
激しいジェットコースターですね
それでいて僕はお化け屋敷には入れない
そんなスリルはいらない
はい、わがままでして「夏の自由に」

わがままであれ
いわば、自我を開放せよ
やりたいことやりたい
…ほんとうならキャンプだって365日やりたいんだ!
そんなぼくが夏で右往左往して
とりあえず夏らしくないものだって無理やり夏にして
そんなこんなでも許されるのは
夏の自由に
なつのじゆう
関連記事

■ コメント

Re: 幸せってやっぱりお金だと思うんです。

細木さま僕の幸せは夏の永続なのです。
けれど永続する夏が果たして幸せかとの疑問も残る。
それは自分で見つけなければならない答えの気がするのです。

なんちゃって
お気遣いさんきゅー。
じゃあね、細本さん。

鹿田草太

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1208-d8ff66ad

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1257位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

85位
Access Ranking>>