銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

なつのじゅいゆに  

ぼくらなんだろ、「夏の自由に」
解放されてとりあえずまた
入道雲みあ、見上げたら
笑い止まらなくて
はい、あいでぃんてぃてぃなんて
この際
夏の前には無力 僕は僕であり僕だから(ぼくでもある)
激しいジェットコースターですね
それでいて僕はお化け屋敷には入れない
そんなスリルはいらない
はい、わがままでして「夏の自由に」

わがままであれ
いわば、自我を開放せよ
やりたいことやりたい
…ほんとうならキャンプだって365日やりたいんだ!
そんなぼくが夏で右往左往して
とりあえず夏らしくないものだって無理やり夏にして
そんなこんなでも許されるのは
夏の自由に
なつのじゆう
関連記事
コメント

Re: 幸せってやっぱりお金だと思うんです。

細木さま僕の幸せは夏の永続なのです。
けれど永続する夏が果たして幸せかとの疑問も残る。
それは自分で見つけなければならない答えの気がするのです。

なんちゃって
お気遣いさんきゅー。
じゃあね、細本さん。

鹿田草太

鹿田草太 #- | URL
2014/07/25 20:06 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1208-d8ff66ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top