銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

シンクロニティ@  

僕の世界がシンクロした
とてつもない冷たい世界の暗号は
夏盛りの少し未来、誰かが解く

命知らずなワンダーランド
そんなことの気さえ感じさせない
この樹なんの木?
とりあえず日陰 優しく眠ることのできる


イッタイゼンタイナンダセカイガドウシタ
ボクラヒトリヒトリシラナイアイダニリカイシテル
ソンナモノシンジテシマッテカラキミラハボクラハ
ホントウノアシタヲミウシナッテルンジャナイカ

いつだって僕ら静かに
気付かれぬように足先でリズムを刻む
リンタンタンリンタン 忘れるな
そんな途方もない世界で せっかちな僕らは足先
親指先端に集中して世界にあがこうとするんだ
リンタンタンリンタン 決して

僕の世界がシンクロしたのは
ぼくがぼくであるからで
僕以外の世界が僕とは限らないのに
僕なんかいくらでもどこにでもいるから
まいってるのさ
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1206-2d3cc52b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top