トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  妄想が現実になって

妄想が現実になって

2014年07月11日

麦わら帽は買ったさ
でもまだ被っていない
虫取り網だって買った
なんの虫さえ捕まえていない
空虚か
でもそれで終わらせたくはない

やっと夢が現実になった
人生初めてのキャンプです。
テントくんよ、やっとだよ
妄想だけで建てられた君にとうとう
日の目を見せてあげられる
望遠鏡だってもしかしたら

けれど
けれどここまでやっと
本当にやっと辿り着いたけれど

けれど
これって言ってしまえば
ぼくの成長なわけで

やりたいことは声に出して言う
それさえできなかったぼくの小さな宇宙は
井の中の蛙の食べたウンカ

きらきら星の川みえる湖のほとり
ぼくは8月末 テントに初めて眠ります
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク