トップ  >  初夏の光の中で  >  ぼくの風船は膨らみ続けるわけで

ぼくの風船は膨らみ続けるわけで

2014年07月11日

ヒデヨシやカムラパネラ
ノスタルジックな声のない映画
長かったようなほんとは一瞬の夏の煌めき
そんなもの

ぼくはそういうものに憧れて
中2病をこじらせているといわれて終わりなのか
そんなことどうでもよくて
もっと根本にあるナニカがなくなって
彷徨っているんだ

いまここにいるのに
どう始めていいかわからないし
実際、それが何かさえわかっていない
夏にいながら
まだ、夏に懐かしんでいる
より現実的に肌に感じるから
ここにいるのに何もできないもどかしさが募るだけ

風が吹く
ここちよい風が吹くんだ
でもそれだけ 
その先は
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク