銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

ぼくの風船は膨らみ続けるわけで

ヒデヨシやカムラパネラ
ノスタルジックな声のない映画
長かったようなほんとは一瞬の夏の煌めき
そんなもの

ぼくはそういうものに憧れて
中2病をこじらせているといわれて終わりなのか
そんなことどうでもよくて
もっと根本にあるナニカがなくなって
彷徨っているんだ

いまここにいるのに
どう始めていいかわからないし
実際、それが何かさえわかっていない
夏にいながら
まだ、夏に懐かしんでいる
より現実的に肌に感じるから
ここにいるのに何もできないもどかしさが募るだけ

風が吹く
ここちよい風が吹くんだ
でもそれだけ 
その先は
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1201-80583b1a

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>