銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

不終  

ああヒグラシの洗礼は前夜
今日はがてらがてらの公園で
聞き耳を澄ますことのなく
遠くからやってくる油蝉のおすそ分け
濃いそれを目をつぶり飲み干す

じりりと照りつく夏の間もなく
夕立のアンコールと喝采
期待しないわけがない
期待せずに居られない そんな

そんな日々の絶頂の中で僕は
僕は
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1197-c5600e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top