トップ  >  雨の根と梅雨  >  透明な傘

透明な傘

2014年06月20日

FC2 トラックバックテーマ:「使っている傘のガラは?」


透明な窓みたいな傘は
ボツボツと案外大きな音を立てて
ひるんだ僕がかさを窄めると
ここぞとばかりカタツムリは耳から抜けていく

透明な傘は
静かな空をずっと映していて
曇り空が 雨粒が 
スクリーンに包まれた僕は
壮大な映画館にぽつんと座る
3Dの最高質のスピーカ
ぼくはなんでもなくなる

カタツムリが世界の果てにたどり着こうとするとき
シアターの幕は開け
架かった虹色の橋を渡れば
手から静かに離れた透明な傘は
海月(クラゲ)になってふわふわ空に帰る
月の夜まで
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク